ロシア連邦構成主体に対する生活の質のランキングでカムチャツカは極東管区の他の地方に先んじます

19 февраля 2020, 10:38 3987

カムチャツカ地方は、2019年のロシア連邦構成主体に対する生活の質のランキングで、2つの順位を伸ばし、すべての極東管区の構成主体に先んじてTOP-30に入りました。上記のランキングは、ロシア統計局、厚生省、財務省、中央銀行およびその他の公表された資料のデータに基づいてRIAノーボスチによって編集されています。

上記のランキングによると、カムチャッカ地方は、前年の内に順位を上げることができたロシアの51の連邦構成主体の1つです。 去年と同様に、格付けはモスクワ、サンクトペテルブルク、モスクワ州が先頭に立ち、ザバイカリエ地方、ユダヤ自治州、カラチャイ・チェルケス共和国、トゥバ共和国によって閉鎖されます。

カムチャツカ開発公社の社長であるユリア・ハリトノワは、地域政府の有効的な社会経済政策、連邦政府からの支援、および地方の投資魅力の向上により、地方の生活の質が改善されたと考えています。

首長の影響に関する今年の 1月の格付けの結果によると、カムチャツカ地方知事ウラジミール・イリュウヒンはTOP-30での地位を保持した。

また、権威あるビジネス誌Invest-Foresightによると、ロシアの地域の投資魅力のランキングでは、カムチャッカはクラスノヤルスク地方とチュメニ州と26〜29の地位を確立しているそうです。

Подписывайтесь на новости Камчатки в Telegram. Самые важные новости - весь день на ваш смартфон.

Прежние новости на эту тему

Пока нет

Оставить свой комментарий   Некорректный логин или пароль
Аноним Ваше имя: Пароль: Зарегистрироваться Просьба воздерживаться от нецензурной лексики, как открытой, так и завуалированной. Содержащие её сообщения, в соответствии с законодательством РФ, будут удаляться.